# Linux、Mac、AndroidでのWallpaper Engine

Wallpaper Engineは、現時点ではWindowsでのみ使用できます。他のプラットフォームを近々サポートする予定はありません。

他のOSをサポートして欲しいというみなさんのご要望は理解していますが、それは簡単なことではありません。 Wallpaper Engineのコアは完全にカスタムに書かれたソフトウェアソリューションで、これを他のプラットフォームに完全移植する際に生じる労力は莫大です。

デベロッパーが見たところ簡単にMacやLinuxに移植しているゲームやアプリケーションもあるじゃないか、と思われる方もあるでしょう。それに対する答えは、それらのタイトルはUnityやUnreal Engineなどの広く使われているビデオゲームエンジンをベースにしており、個別のデベロッパーが他のプラットフォームをサポートするために必要な作業はあまりないということです。 しかし、Wallpaper Engineなどのエンドユーザーアプリケーションの場合、それは全く当てはまりません。OSと密接に関わりを持つアプリケーションであるため、正しく動作するためには各OSに合わせる必要があるのです。 Linuxの場合はさらに課題が大きくなります。メジャーなディスプレイマネージャーそれぞれで動作しなければならず、それはディストリビューションによって、場合によってはディストリビューションのリリースによって大きな違いがあるからです。

これらは理論的には可能なのですが、単純に、現時点でLinuxやMac OSのサポートを追加しても採算が取れないという事実があります。 Steam hardware surveyを見れば、Linuxを使うSteamユーザーは1%未満です。 そしてここでもまた、これはLinuxのさまざまなディストリビューションに細分化されます。主にUbuntuですが、これはユーザーの0.25%にすぎません。

上で説明したように、Wallpaper Engineを他のOSに移植するのに必要な時間は莫大で、しかも常に継続するメンテナンス作業のコストは大きく膨れ上がり、それに対して恩恵を受ける潜在的ユーザーグループは比較的小さくなります。 私たちはそれよりもむしろ、Steamユーザーの96%以上を占める人々のために、Windowsバージョンの向上に時間とエネルギーをさきたいと考えています。

しかし、私たちはSteamの公式データに常に注意し、状況の変化があれば、採算が取れる見込みの上でより多くのプラットフォームをサポートする方法を検討していきたいと思います。